• 加納 Facebookアカウント

COMPANY 会社概要

沿革

1951年

個人経営の加納商店を設立。和食器の販売を始める。

1953年

個人経営を改め、有限会社加納商店へ改組。
モザイクタイルの販売を始め、陶器販売を拡大する。

1958年

タイルの需要が飛躍的に増大したため、製造部門として鈴加製陶(株)を設立。

1963年

(有)加納商店と鈴加製陶㈱が合併し、資本金2,000万円の加納製陶株式会社が発足する。
需要増加に対し、半自動システムによる第二工場を建設。 
純磁器タイル専門メーカーとしての地位を築く。 

1969年

商品名「コーンフラワー」社団法人発明協会より優秀発明賞受賞。

1970年

輸出貢献企業として通産省より表彰。

1973年

磁器質外装タイル生産を開始。1980年資本金2650万円に増資。

1987年

新工場の建設に着手。

1988年

新工場完成、月産45,000m2

1989年

合理化のため生産を新工場に一元化する。

2001年

全自動役物製造ライン導入。

2003年

工場事務所棟新築。

2007年

本社新築移転。

2007年

工場を「本社・工場部門」、旧本社を「経理部門」に変更。

2008年

補修用タイルの生産・販売を事業化。

2009年

海外事業部設置。

2009年

タイルバックアップ100年宣言。

2010年

LED組み込みタイル「Tile+Light」開発・発売。
LED電気販売部門 LED事業部設置。
香港現地法人 加納製陶有限公司設立。

2013年

東京支店 設置

2014年

調査・施工のHOMIES株式会社を子会社化

2016年

「中小企業地域資源活用促進法」に基づき、当社の地域資源活用事業計画が国の認定を受ける。

2017年

株式会社 加納へ称号を変更

納入実績 ※公共建築物のみ記載、OEM供給品を含みます。

・筑波大学計算物理学棟 ・山口大学体育館 ・東京船員保険病院
・多久職業訓練校 ・炎博西有田文化ホール ・高田町総合保険福祉センター
・国立仙台病院・学校棟 ・三田市立総合福祉センター ・豊中市生活情報センター
・国立仙台病院・看護学校 ・鴻巣消防本部 ・浜松医科大学
・国立仙台病院・食堂棟 ・明和村ふるさと産業文化会館 ・熊本国民年金総合センター
・立花町町民センター ・三日月町コミュニティセンター ・埼玉社会保険センター
・神戸大学付属病院 ・東与賀町多目的ホール ・大田原日赤病院
・八代総合庁舎 ・松井田町文化会館 ・京都大学生態学研究所
・国立姫路病院 ・筑波大学先端学際領域 ・糸島地区消防本部
・宮城健康保険病院 ・三島警察付属棟 ・安中ふるさと学習村
・長崎市科学館 ・国立鳴門病院 ・春日障害者センター
・宮古合同庁舎 ・長浜赤十字病院 ・富士市消防本部
・宮城健康保険病院 ・石川県立看護大学校 ・鳥取梨博物館
・十和田簡易保険病院 ・佐世保県民ホール ・熊本市民病院研究棟
・親和町町立病院 ・愛媛県医療短大 ・仁尾町庁舎
・兵庫県社会保険病院 ・宮崎土地改良会館 ・信州大学理学部
・東山合同庁舎 ・大阪市立十三市民病院