• 加納 Facebookアカウント

COOL ISLAND TILE クールアイランドタイル

都市温暖化を防ぐクールなタイル

イメージ写真

ヒートアイランド現象を緩和

クールアイランドタイルは都市温暖化を防ぐ画期的なタイルです。
建物壁面の昇温を軽減し、都市温暖化の抑制、ひいては冷房電力の節電からCO2を削減することで、地球の温暖化抑制まで効果のあるタイルです。
このため、公共機関の建築物に推奨されるグリーン契約(環境配慮契約)の対象製品になっています。
これからの公共建築、マンション、一般住宅に相応しい外壁タイルと言えましょう。
地球環境に意識のあるお客様に、ぜひお勧めしたい製品です。

カタログ

45二丁 中波

実寸法 95x45x7mm
ユニット目地共寸法 300x300x7mm
m2必要数 11.5シート
カートン入数 22シート
重量 24kg
設計価格 4,500円/m2

45三丁 中波

実寸法 145x45x8.5mm
ユニット目地共寸法 300x300x8.5mm
m2必要数 11.5シート
カートン入数 18シート
重量 24kg
設計価格 6,000円/m2

100角 中波

実寸法 94x94x8.5mm
ユニット目地共寸法 300x300x8.5mm
m2必要数 11.5シート
カートン入数 15シート
重量 22kg
設計価格 7,200円/m2

二丁掛 大波

実寸法 227x60x10mm
ユニット目地共寸法 -
m2必要数 67枚
カートン入数 72枚
重量 21kg
設計価格 6,900円/m2

反射率の高いカラーバリエーション

クールアイランドタイル カラーバリエーション

都市温暖化の熱源は太陽熱

PAGE TOP

都市温暖化は太陽熱を熱源とした、都市の構造に起因しています。
アスファルトへの太陽の直射光に加えて、ビル壁面に到達した太陽光が反射して道路面へ向かい蓄熱されるのです。
いちど発生した熱は地表から大気圏内にこもってしまいます。これがいわゆるCO2などによる温室効果と呼ばれるものです。
このような都市蓄熱を解消して、ヒートアイランド現象を緩和する効果をもたせたタイルがクールアイランドタイルなのです。

クールアイランドタイルの仕組み

PAGE TOP

クールアイランドタイル面状は、計算された特殊な角度で設けられた波々状の反射リブと、50%以上の反射率をもつ釉薬の施釉の、2つの特長から、原因となる、太陽熱をタイル壁面が上空の遠く宇宙へとはね返し、都市内部の蓄熱を防ぐ仕組みです。

クールアイランドタイルの仕組み

反射リブの角度「登り角30度/下り角度45度」は、日本の様々な日照条件の中で、最も効率よく太陽光を反射し効果を発揮できるように研究した結果です。
さらに、太陽高度の低い冬季には、路面に向かって反射して、都市全体としては太陽熱を利用するように設計されています。
※クールアイランドタイルは上下の方向性があります。タイルおよびユニット紙に記載された上下方向を厳守して施工してください。

実験で見る効果

PAGE TOP

タイル表面の昇温比較実験で顕著な効果!

白熱灯を太陽光源の代替えとした、名古屋工業大学の昇温テストでは、反射率15%の従来の濃色系タイルは78℃まで昇温したのに対し、反射率70%のクールアイランドタイルは48℃に留まり、その差は30℃もあり、環境への冷却効果が確認されました。

クールアイランドと従来タイルの昇温の比較

屋外実験棟でシュミュレーション実験

「日本一暑い街・多治見」のセラミックパークMINO屋上に実験棟を設営。
従来のタイルとクールアイランドタイルを施工して比較実験データーをとりました。

●実験データー1
壁面の昇温抑止比較効果

クールアイランドタイルと従来タイルの日射による昇温の違い

最高温度差は11℃となり、建物の表面温度低減効果が実証されました。

●実験データー2
冷房電力の低減効果

クールアイランドタイルによる冷房電力の低減

実験棟の冷房消費電力はクールアイランド棟:0.88kWh/日
従来タイル棟:1.13kWh/日
その差は0.25kWh/日、低減比率は22%で冷房負荷の軽減効果が実証されました。

クールアイランドタイルが持つ7つの効果

PAGE TOP

〈都市温暖化と抑制〉

  • ①都市外皮を直接冷却する効果(ビルを直接冷やす)
  • ②太陽熱を宇宙に反射する効果(熱を宇宙に排出)
  • ③ビル周辺への放熱低減効果(大気の加熱低減効果)

〈省エネ、顧客メリット〉

  • ④冷房設備容量を低減する効果(電力ピークカット)
  • ⑤冷房消費電力の低減効果(電気料金節約)

〈地球温暖化と抑制〉

  • ⑥CO2排出量を削減する効果(発電に伴うCO2削減)
  • ⑦燃料資源を節約する効果(発電燃料の節約)

産官学の共同開発と販売

PAGE TOP

クールアイランドタイルは、名古屋工業大学で研究中の「太陽熱反射都市冷却理論」に基いて産官学で共同開発され、岐阜県タイル組合などに所属する計37社が集まって、「美濃焼 クールアイランドタイル振興会」を発足、生産販売しています。
加納製陶は同振興会に所属、クールアイランドタイルを生産・販売しています。

クールアイランドタイルはグリーン契約(環境配慮契約法)対象商品

PAGE TOP

公共建築のタイルには、クールアイランドタイル!
グリーン契約を推進するため、環境配慮契約法(国等における温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律)は、平成19年11月に施行されました。
グリーン契約(環境配慮契約)とは、製品やサービスを調達する際に、環境負荷ができるだけ少なくなるような工夫をした契約です。
公共機関が契約を結ぶ際に、価格による入札だけではなく、価格に環境性能を含めて総合的に評価し、環境に配慮した調達を行う仕組みを作り、環境負荷が少ない新しい経済社会の構築を目指すものです。
国の機関や独立行政法人等は、これらに基づいて、入札の際にグリーン契約に取り組むこととなります。具体的には電気代などが節減できる公共建築の新築、改築を推進していくことになり、クールアイランドタイルの使用はこの対象となるのです。

マンション、一般住宅の建築ニーズにも、もちろんマッチ!!
 

PAGE TOP

公共建築物に推奨されるグリーン契約対象製品ですので、電気料金の節電や自然環境保護に興味をお持ちの一般の住宅にも、もちろんお薦めの製品です!
また、さらに環境浄化作用をもつCTタイルやクリーン加工との組み合わせも可能です。

お問い合わせリンク