現場の声

陶芸教室の素焼き/ラーニングLABO

3月末に開講したラーニングLABOの陶芸教室で、先頃初めての素焼きを行いました。
受講生の皆さんは陶芸は全く初めてという方ばかりでしたが、熱心で、作陶の要点がわかってくると次から次へと創作意欲がわいて、作りたい物がいっぱいな様子です。
IMG_8702b.jpg
開講して3ヶ月になりますが、陶芸技法で言えば、成形では、ろくろ、タタラ作り(板作り)、手びねり(紐作り)、玉作り、型ものと一通りの基本を終えました。
最近は装飾の方に内容は移っています。
IMG_8705a.jpg
創作には「作りたい!」気持ちがなんと言っても一番大切。なので、受講生の皆さんの作りたいものをお聞きして、相応しい成形方法や装飾の提案をさせて頂いてます。
マグカップや小鉢、茶碗、皿など食器を希望される方が多いですが、花器や灯りなど大物も制作しています。
難しいことはともかくも、作陶していく途中で、それをしたら、「割れてしまう」、「曲がってしまう」などの注意以外、まったくのフリー。皆さんの個性が出るように心掛けています。
作陶道具も自作したり・・・・、そんなわけで、和気あいあいとしたサロンのような楽しい雰囲気になってきました。
クリックすると教室の雰囲気が動画が見れます。

焼成は、加納の工場内にある電気窯を使用しています。
IMG_9327a.jpg
この窯は、トンネル窯で対応しきれない、小ロットの製品に対応するため導入した電気窯では最大の窯です。
IMG_9332a.jpg
下段にはタイル焼成用にサヤが入っています。
本焼き焼成が楽しみです。 
 (Muto)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です